読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラー10周年の初企画展にシン・ゴジラの雛形が集結 エヴァなどの貴重な資料も約300点展示

カルチャー ヘッドライン



株式会社カラー10周年記念展 | 株式会社カラー

映像作家・庵野秀明さんが代表を務めるカラーは、2016年5月に創立10周年を迎えました。これを記念して開催される同社初の企画展では、初公開を含む「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの原画や貴重な設定資料など約300点を展示。庵野さんが脚本・総監督を務めた映画「シン・ゴジラ」に登場するゴジラの第2形態、第3形態、第4形態の雛型も登場します。3形態そろっての展示は今回が初です。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの展示は、2007年公開の第1部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、2009年公開の第2部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」、2012年公開の第3部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」から、初公開を含む約160点の原画や設定資料を用意。宣伝物などに使用されたイラストの原画も初めて展示されます。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」C-1326 修正原画

庵野さんの妻で同社の取締役でもあるマンガ家・安野モヨコさんは、自身のコミックエッセイ『監督不行届』の番外編「おおきなカブ(株)」を同展のために描き下ろし。同社の制作スタジオ・スタジオカラーがアニメ化し、会場内で上映します。カラーの創立から現在までの10年をつづった内容になっているとのこと。貴重な原稿もあわせて展示されます。

さらに、2016年9月に期間限定で公開された宇多田ヒカルさんによるミュージックビデオ「桜流し(ヱヴァQバージョン)」を特別上映するほか、短編アニメシリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の原画・資料の展示、カラーが行う文化事業に関する資料の展示なども。見応えたっぷりの内容で、同社の10年の歩みを追うことができます。

開催時間は午前11時~午後9時(最終入場は午後8時)。入場料は500円(税込)です。場内の混雑状況によっては入場が制限される可能性があります。またAmazonとローソンチケットでは、それぞれで異なる特典グッズ付きの入場券が数量限定で販売されます。特典内容や発売日などは特設サイトをどうぞ。

Amazon特典グッズのA4高精細印刷ミニポスター


(c)カラー

文: あおきめぐみ

関連エントリー