読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庵野秀明さん、ヱヴァ新劇場版の完結と「ゴジラ」総監督受諾への思いを公開

カルチャー ヘッドライン



『シン・エヴァンゲリオン劇場版』及びゴジラ新作映画に関する庵野秀明のコメント | 株式会社カラー

公開された庵野さんのコメントでは、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態になったことや、妻であるマンガ家の安野モヨコさんと友人が支えとなったことがつづられています。2014年10月にスタートしたカラーとドワンゴの共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」への思い、ファンに対する感謝の言葉も。後半には「ゴジラ」新作への意気込みが書かれています。

2016年公開予定の「ゴジラ」最新作の脚本と総監督を務めることについては、東宝からの依頼を一度断ったことを明かしました。しかし、東宝の誠意、友人である樋口真嗣さんの熱意、特撮映像再生の願いなどから、監督を引き受けたそうです。

はてなブックマークのコメント欄には、「監督の精神まで旧エヴァの展開をなぞっているのは確かにエヴァの呪いっぽい。ともあれ生きる楽しみが増えた」「あえてエイプリルフールに告知するとは」「一度メンタルをやってしまった仕事に戻れるというのは正直すごいことだと思う」「壊れたとこからの再生って、何気に作品テーマとがっつりリンクしてたりしそうで、必然だったりして」「パシフィックリムやUSゴジラへの強烈なカウンターパンチを期待したい」などの感想が集まりました。

文: 文月聡

関連エントリー