• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

消費税増税の前に買った方がいいものは? 「値崩れしない」「省エネ」などがポイント


■ 値崩れしにくいかどうかで判断

消費増税前に買うべきもの、買わなくてもよいもの(花輪陽子) - 個人 - Yahoo!ニュース

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんは増税前の“買いだめ”について、「値崩れしにくいかどうかを一つの判断材料に」「購入予定のなかったモノまで買ってしまい支出を増やしてしまうのは避けたいところ」とアドバイスしています。花輪さんが前倒し購入してもよいものとして挙げているのは、値段が崩れにくい白物家電やブランド家電、雑誌の定期購読、電車の定期券、航空券など。逆にパソコンやテレビなどのAV機器は、値崩れが激しいため急いで買う必要はないとのことです。

■ 家電の見極めポイントは「省エネ」


もうすぐ消費税増税! 家電のプロに聞く「今買うべき家電5」 | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

不動産と住宅関連のサイト「SUUMO」では、家電アドバイザー・安蔵靖志さんに聞いた“買うべき家電”を公開しています。買うべき家電の見極めポイントは「省エネ」。増税後は電気料金の単価も上がるため、電気代がお得になる最新の冷蔵庫やエアコン、洗濯乾燥機などをリストアップしています。

■ 日用品は使い切ることを前提に購入する


価格.com - 増税目前“駆け込み”買い物ガイド:日用品編

価格.comでは、ファイナンシャルプランナー・二宮清子さんによる増税Q&Aを紹介しています。二宮さんは日用品の買いだめについて、多くても3ヶ月分までに収めるようにアドバイス。使い切れる量を計算して購入することが重要としています。まとめ買いにぴったりな日用品として、洗濯用洗剤、ティッシュペーパー、歯磨き粉、缶詰など使用頻度が高く消費期限・賞味期限が長いものを挙げています。

■ 主婦が考える失敗しない買いだめのコツ


http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201402218447/

トレンド総研が「消費増税前の買いだめ・まとめ買い」について調査したところ、主婦の6割が「買いだめ・まとめ買い」の意向があると答えました。失敗しない買い物のコツ1位に選ばれたのは「いつも購入している商品を買うこと」。続いて「家での消費量を把握すること」「賞味期限・消費期限をチェックすること」が多かったそうです。


Title Photo by I See Modern Britain

文: タニグチナオミ

関連エントリー