• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

約10分で生麺が作れる「フィリップス ヌードルメーカー」 ノンフライヤーに次ぐ調理器として展開



ヌードルメーカー
フィリップス、「ノンフライヤー」に続く新調理家電を発表 日本の食卓を変える第3の"主食"家電 「フィリップス ヌードルメーカー」誕生!

「フィリップス ヌードルメーカー」は、ごはんとパンに並ぶ日本の主食「麺」の自宅調理ができる家電です。うどん、そば、ラーメン、パスタなどさまざまな麺類を作れます。本格的な製麺工程を再現したことで、麺のコシやもちもち感だけでなく、出来たてならではの粉の香りや風味も楽しめるそうです。

作り方は「粉を入れる」「ボタンを押す」「水や卵などの材料を入れる」の3ステップのみ。粉に均等に加水する水回しや、こね、生地作り、製麺までのすべてが自動で行われます。麺の形状や太さは、日本用に特別設計された4種類の製麺用キャップで調整が可能。ニンジンジュースを使った「キャロットパスタ」や、細かく刻んだタラゴンを練り込んだ「ハーブ入りパスタ」など、好みの風味や色のバリエーションも加えられます。

同梱品として、生麺をおいしく作るための「麺レシピ」13種類と、生麺を使った「夏野菜天ぷらの冷やしつけそば」などの「アイデアレシピ」36品目を収録した専用のオリジナルレシピブックが付属。生麺を使った料理のレパートリーが増えそうです。

フィリップス 家庭用製麺機 ヌードルメーカー HR2369-01

フィリップス 家庭用製麺機 ヌードルメーカー HR2369-01

文: あおきめぐみ

関連エントリー