• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

YMOの海外初ライブ35周年を記念した「YMO楽器展2014」 当時の楽器セットを目と耳で体験



YMO楽器展1978-2015 | YMO楽器展1978-2015

1978年に結成されたYMOは、細野晴臣さん、高橋幸宏さん、坂本龍一さんの3人で構成されています。初の海外出演は、1979年にアメリカ・カリフォルニア州の野外劇場で開催されたバンド「チューブス」のライブのフロントアクト。フロントアクトとしては異例のアンコールを求められるなど、人気を集めたそうです。

YMO楽器展2014は、YMOの海外初ライブ35周年を記念して開催。当時の楽器セットを再現し、何点かは実際にステージ上で使用された楽器を用意します。現存していない楽器については、同型品のビンテージを展示。 どれもリペア済みの完動品で、ただ眺めるだけでなく、実際のサウンドも楽しめるとのことです。

会期中には、海外進出時のYMOにゆかりのある人たちのトークショーや、これまで未発表だった当時の写真のミニ展示なども実施。サイトでは「ファン必見のイベント」と紹介されています。開催時間は各日午前10時~午後6時(最終日のみ午後5時終了)。当日入場券は1,500円(税込)です。

文: あおきめぐみ

関連エントリー