読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オライリー、ゲームの実用書『おもしろいゲームシナリオの作り方』発売 41作品を事例に解説



O'Reilly Japan - おもしろいゲームシナリオの作り方

『おもしろいゲームシナリオの作り方――41の人気ゲームに学ぶ企画構成テクニック』は、ゲームを面白くするシナリオ作りの秘訣(ひけつ)を徹底解説したという1冊です。どのようなストーリーが最適か?そもそもエンディングは必要か?といった、ストーリー作りの疑問に答えるとしています。目次は以下の通りです。

  • 1章:ゲームストーリー、インタラクティブ性、そしてプレイヤーが求めるもの
  • 2章:ゲームストーリーの歴史
  • 3章:ヒーローズ・ジャーニーとゲームストーリー
  • 4章:ストーリーとキャラクター
  • 5章:感情移入できるストーリーを作る
  • 6章:「インタラクティブなストーリー」と「プレイヤーが主導するストーリー」
  • 7章:完全一本道型ストーリーとインタラクティブ一本道型ストーリー
  • 8章:マルチエンディング型ストーリー
  • 9章:マルチシナリオ型ストーリー
  • 10章:オープンワールド型ストーリー
  • 11章:完全プレイヤー主導型ストーリー
  • 12章:「プレイヤーが主導するストーリー」をオススメする理由
  • 13章:「プレイヤーが主導するストーリー」をオススメしない理由
  • 14章:最も重要な問題 ――プレイヤーが求めるものは何か
  • 15章:ゲームストーリーの未来

ゲームのシナリオだけでなく、キャラクターの作り方や制作コストについても言及しています。巻末付録には、北米のゲームファンを対象にしたアンケートの調査データを収録。同書に登場する作品一覧には「ワンダと巨像」「ひぐらしのなく頃に」「クロノ・トリガー」「シムピープル」などが挙げられています。

おもしろいゲームシナリオの作り方 ―41の人気ゲームに学ぶ企画構成テクニック (GAME|DEV|LAB)

おもしろいゲームシナリオの作り方 ―41の人気ゲームに学ぶ企画構成テクニック (GAME|DEV|LAB)

  • 作者: Josiah Lebowitz,Chris Klug,塩川洋介,佐藤理絵子
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/08/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
文: あおきめぐみ

関連エントリー