読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

明治の遺産「琵琶湖疏水」を舟下り 京都~大津を結ぶ試行船体験ツアー、参加者募集



http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000177893.html

明治に造られた琵琶湖疏水は、開通から数十年、旅客・貨物を乗せる舟運として活発に利用されてきました。しかし、1951年(昭和26年)に運行を停止。2015年が琵琶湖疏水竣工125周年に当たることを受けて企画された試行船体験ツアーでは、参加者からの意見をもとに、京都市と大津市を結ぶ通船の復活を目指すとしています。

用意されたコースは、大津~山科コース(4.2km・約30分)、山科~蹴上コース(3.6km・約30分)、大津~山科~蹴上コース(7.8km・約60分)の3つ。大津~山科コースでは、山科山麓に広がる舟溜まりや、三角橋などの舟運関連施設を楽しめます。山科~蹴上コースでは、鮮やかな朱塗りの正嫡橋や、日本最初の鉄筋コンクリート橋なども眺められるそうです。

第1期の対象期間は3月28日(土)から4月19日(日)までの計8日。いずれのコースも1日4便ずつ、1便当たり6人乗りで運行します。小学生以上でアンケートに協力できる人が対象で、居住の市内外は問いません。申し込みはJTB西日本がFAXまたは郵送で受け付けています。応募できるのは1人につき1回のみで、同行者は1人のみ。応募者多数の場合は抽選です。

それぞれのツアー料金は以下の通り。第2期の申し込みは3月1日(日)から受け付けます。

  • 1人当たりの参加料金(小学生以下は半額)
    • 大津~山科コース(4.2km・約30分):1,000円(税込)
    • 山科~蹴上コース(3.6km・約30分):1,500円(税込)
    • 大津~山科~蹴上コース(7.8km・約60分):2,000円(税込)

「琵琶湖疏水通船復活」試行事業 琵琶湖疏水通船試行船体験ツアー 募集チラシ・申込書(PDF)

文: あおきめぐみ

関連エントリー