読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

4/4夜に約12分間の「皆既月食」 食の最大は午後9時



皆既月食 2015年4月4日 | 国立天文台(NAOJ)

月食は、満月の際に太陽・地球・月が一直線に並んで発生する現象です。太陽の光を地球が完全に遮っている部分「本影」に月のすべてが入る現象を皆既食、月の一部が入る現象を部分食と呼びます。皆既食中の月は「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えるのが特徴です。

今回の皆既月食が観測可能な範囲は日本全国。部分食の始めから、皆既食の始めと終わり、そして部分食の終わりまで観測できます。国立天文台は、以下の時間帯で皆既月食の様子が見られると発表しています。

  • 部分食の始め:午後7時15.4分
  • 皆既食の始め:午後8時54.2分
  • 食の最大:午後9時00.2分
  • 皆既食の終わり:午後9時06.4分
  • 部分食の終わり:午後10時45.1分

部分食の始まりから終わりまでの約4時­間、国立天文台三鷹キャンパスからYouTube ライブとニコニコ生放送でインターネット中継も予定されています。

皆既月食をみんなで見よう! - YouTube

皆既月食をみんなで見よう! - 2015/04/04 19:00開始 - ニコニコ生放送

■ 国立天文台に色の報告をしよう

皆既月食を観察しよう 2015

皆既食中の月はいつも同じ色になるわけではなく、大気中のチリの量によって色が変わるそうです。国立天文台は、フランスの天文学者・ダンジョンが提案した「ダンジョンの尺度」に従って黒からオレンジまでの5つの色に分類。特設サイトから色の報告を呼び掛けています。

皆既食中の色に注目しよう!:皆既月食を観察しよう 2015

■ 六甲山から“1000万ドルの夜景”と共に

http://www.rokkosan.com/cable/event/20150327_7942/

兵庫・六甲ケーブル六甲山上駅に隣接するカフェ「TENRAN CAFE」では、皆既月食に合わせて営業時間を延長します。“1000万ドルの夜景”とも称される神戸の街並みを眺めながら、皆既月食を楽しめます。最後まで皆既月食を見ると、六甲ケーブル六甲山上駅の最終便を逃してしまうため、先着順で35人まで、阪急神戸線六甲駅・JR六甲道駅・阪神電車御影駅への無料送迎サービスがあります。

文: 文月聡

関連エントリー