読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

塩締め、昆布締め、漬けなど、魚をおいしくする一工夫


■ 熟成したうま味が楽しめる「塩締め」

熟成させた刺身が美味い。〜「塩締め」の作り方〜 - 鯖と烏賊

ブログ「鯖と烏賊」のid:sabatoikaさんは、お気に入りだという「塩締め」の作り方を紹介しています。魚の切り身に塩を振って冷蔵庫で寝かせておくと、水気が抜けて味が濃くなるとのこと。3~7日経ったあたりが食べごろだそうです。傷まないよう、作業中は衛生面に気を付けましょう。

■ 料亭の味「昆布締め」を家庭でも

鯛の昆布締めのレシピ/作り方:白ごはん.com

料亭や寿司店などで出される機会の多い「昆布締め」。白ごはん.comでは、真ダイを使った昆布締めの作り方が見られます。塩を振った昆布で真ダイの刺身をはさみ、冷蔵庫に入れて1時間~4時間置きます。4時間置くと身が引き締まり、昆布のうま味もよく移るそうです。

■ 丼にもぴったりな「マグロの漬け」

まぐろの漬け

マルイリフードサプライは、マグロの漬けのレシピをサイトで公開しています。下準備としてマグロの表面を湯引きしておくのが、うま味を逃がさないコツ。酒、みりん、しょうゆで作ったタレに漬け込むことで、余分な水分が出てもちもちとした食感に仕上がるそうです。

■ いろいろな料理に使える、調理時の一工夫

魚をおいしく食べる!「選び方」「おろし方」「調理方法」のポイント | Lidea(リディア)

ライオンの「Lidea」では、魚料理をよりおいしく仕上げるためのコツを紹介しています。炒め物、蒸し物、煮物を作るときは、調理前に酒を振ることで生臭さを抑えられるとのこと。ムニエル、揚げ物、シチューなどに入れるときは、小麦粉でコーティングすることでうま味を閉じ込められるほか、身くずれを防ぐことができます。


Title Photo by takaokun

文: ishihara

関連エントリー